FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
この国で

春の京都。
祖母を亡くしたときに京都を訪れたのは、二年前。
あれからいろいろありました。

京都、綾部に住む和紙職人ハタノワタルさんの家を訪ねました。
どうにも出口を見つけられない私に、「おいで」と言ってくれました。

制作現場である工房と、家族五人のあたたかな暮らしを見せてくれました。
それから、ハタノワタルさんは車に山のように救援物資をのせて、仲間たちと被災地で出かけて行きました。
その後ろ姿を、その行動力と勇気を、私はうらやましく思いました。

私たちは(妹親子と、息子の4人)近くの宿泊施設で、何をするでもなく、食事を作り、眠り、里山を散歩し、大きなお風呂に入り、そしてまたご飯を作って食べ、眠りました。




まだまだ余談を許さず、いやむしろ刻々と悪化していると言って良いかと思うような状況ですが、私はすっかり元気と自分を取り戻し、帰ってくる事ができました。

帰って来てメールをチェックすると、ハタノワタルさんを含めて、偶然にも知人が三人同じ石巻に出かけている事を知りました。
その行動力を、シンプルな力強さを、心の底から尊敬します。



普段の生活を取り戻そうと思います。
子供を健やかに育て、家族を守ることを考え、働き、伝えたい思いを作品にうつして。

私は、いろんな意味で、そろそろ覚悟を決めなくてはならないと思う。
この国で。





( 2011.04.06 ) ( 日々のこと ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。