スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
うっとりしちゃう


以前、うっとりする言葉についてブログを書いた事があります。

みみさわり、とでもいうのでしょうか。
耳障りではなく、耳触り。
耳の内側によりそって、いつまでも離れないような音のことば。

今回は、めさわり。

料理番組って、うっとりしてしまいませんか?
お料理の先生の優雅なてもと。
野菜やお肉のしたごしらえ、
フライパンに油を敷く手つき、
ガラスの容器に入れられたいくつもの調味料をてばやくフライパンにいれ、
木べらでかすかな音をたてながら混ぜ合わせる。




うっとりしちゃう。




先日ひとの手元を見ていて、ふとお料理番組のことを思い出していました。
お料理でなくても、人のてもとはうっとりして見入ってしまいます。

切手を貼る郵便局員さんのてもと、
文字を丁寧に書き込む保育士さんのてもと、
じゃらじゃらと大きなお財布からおつりを探す運送屋さんのてもと、
折り紙を折るこどものてもと、
キーボードをたどたどしく打つひとのてもと、
一生懸命おもちゃのボタンを押す息子のてもと。


うっとり。

目の裏側によりそって、目を閉じてもいつまでも離れない。


遠慮なくじっと人のてもとを見れる、お料理教室やワークショップに参加したいものです。







( 2011.09.10 ) ( 日々のこと ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。