スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
だれかとつなぐもの


今年2月の二人展でお会いした方からいただいたオーダー。

「どれほど時間がかかってもかまいませんから、ブルーの便箋と封筒を」とのお話でした。
こちらにちょっと手のかかる二歳児がいることを配慮してくださり、「いつでもいい、待ちます」とおっしゃってくださりました。
なんて幸せなことでしょうか。そうまでして、私にオーダーをしてくださるなんて。
おかげであせらず、ずいぶん自分のなかで膨らませてから制作に入ることができました。

フランスの博物館でみた、あの青にしよう。
封筒は同じ青色にしないで、時間の経ち方は一緒だけど、もともとはまったく違う色だったような感じにして・・・

色を出して試しに漉いて乾いた色を見てまた調色し直して、を繰り返し。

いつまででも待ちますとおっしゃってくださいましたが、さすがに私なりに今年中にお手元に届けなければと、後半追い上げてなんとかクリスマスイブにお届けできました。

自分好みのものが出来上がって、自信満々にお届け出来て、それを喜んでいただける。
それが、便箋と封筒という、だれかとだれかをつなぐものであったこともうれしい。

今年の最後にすてきなプレゼントをもらったような気持ちになるお仕事でした。

封筒便箋


便箋
便箋


封筒
封筒




( 2012.12.24 ) ( 紙のこと ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。