スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
雨余香

猫実珈琲店展、無事終了致しました。
大盛況だったようで、参加させていただいた身としてはうれしいかぎりです。

猫実珈琲店とその店主さん。
そこに集まった作家の方々。
遊びに来てくださったお客様。
みなさんにお礼を申し上げます。ありがとうございました。

さて、次は来月の二人展。
絶賛制作中です。
テーマは「雨」。「雨余香」とは「うよかんばし」と読みます。

雨上がりの木々が芳しくその美しさが際立っているさま。
しっとりした環境は新たなものを生み出す可能性がたくさんある、という意味だそうです。
書家の国分さんがすてきなタイトルをつけてくれました。

今回は、あまりごちゃごちゃと作品に意味付けしたり物語など考えないようにしています。
あくまで書の背景として。
文字は強い。
意味やうったえかけるものは、書にまかせようと思いました。
ただ、作品に対峙したひとが、雨の匂い、音、温度、記憶など雨につながる五感が呼び起こされるような気持ちになってもらえたら、と思って制作しています。


「雨余香」
2013年6月14日から18日
12:30〜19:00

雨音に、雨の香りに、雨の色に何をみる?
書家と和紙造形作家の雨の世界です。

国分佳代(書家)
西村暁子(和紙造形作家)

hygge
目黒区上目黒1-15-13 2F
(中目黒駅徒歩3分)

ぜひおでかけくださいね。



228469_393261727456811_1417246236_n.jpg




( 2013.05.22 ) ( 紙のこと ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。