FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
わらうこども
昨日は、アトリエ倭さんのアトリエまで家族でお出かけしました。
むすこは美味しいお菓子を次から次へとむさぼり食い、
わたしは作品の美しさ、その計算された制作行程に酔いしれ、
だんなさんはきらきらと輝く倭さんご夫妻の瞳にすっかりあてられた様子でした。
(俺のやっている仕事のつまらなさよ・・・みたいな)
むすこは倭さんにかわいがられ、だっこされ、遊んでもらい、本当にしあわせもの。
だっこだっこの性格は、体力のない母には大変しんどいものですが、こうしていろんな人に抱かれ、かわいがられ、きっとその記憶は何よりの宝物。

楽しい日曜日を過ごしたのですが、今日はうってかわって私とふたりきりのお出かけデー。
幼児相談、そのあと特別児童手当の申請に市役所、それから先週受けた血液検査の結果を聞きに、それからお買い物して帰宅。なんだかんだで10時から5時まで。

彼、終始ご機嫌。
にっこにこ。
私の手をひいて、徒歩移動の途中にある遊具を指差して遊びたいとアピールしたり。
線路のどまんなかで仁王立ちして電車がくるのを待ってたり。
声がひびくホールでは、「あ!」「あ!」と叫んで響く声のふくらみを楽しんだり。
落ち葉を踏むのがたのしくて、夢中になって道のはじっこを歩いてころんだり。

むすこが笑うと私も笑っちゃう。
私が笑うとむすこも笑う。
は〜幸せ。
知的障害とか、発達障害とか、そんなのどうでもよくなるのです、ふたりでいると。
ジャッジする第三者がいると、私も息子も萎縮する。
成長過程の不安とか。
未来の不安とか。

そんな不安も、誰かの目も気にしないで、
ふたりでわははげらげらと笑い飛ばしていこう。


IMG_6471.jpg




( 2013.12.09 ) ( 日々のこと ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。