スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
きらきらの週末
秋です!
秋風薫るこの週末は、きらきらしたものをたっぷり堪能しました。

土曜日は、昨年お世話になった「工房からの風」へ。
今年もハガキのリレーが行われ、そのお手伝い(というより、なんの役にもたたなかったので、遊びに行ったようなもの)に出かけました。
太陽と草と土の匂いのする森の中で、ひとつひとつ丁寧にものづくりをされている作家さんたちと触れ合いながら、作品を楽しみ、買い物ができる本当に素敵なイベントです。
昨年は自分のことでいっぱいいっぱいだったので、今年はじっくり見学・・・
どれもこれも持ち帰りたくて仕方なくなって、
少々パニックになり、
最終的には息子のために小さなカップとお皿を買いました。
かわいいハリネズミの絵付けがされた、坂井千尋さんの作品です。

ハガキのリレーの販売もされた「庭の駅」では、工房からの風オリジナルの手作り石けんと、庭で育てられた楮で漉かれた和紙ハガキと、(漉かれたのは、金安好江さん。とっても素敵なセンスでハーブなどを漉き込まれています)ふうせんかずらの種を買いました。
堪能です。
楽しすぎです。
ああ、来年も行きたい。
そして、出来れば再来年はまた参加したい・・・


昨日日曜日は、私も参加させていただいている
スタジオKUKUプロデュース「かたちにこころを添えて」をのぞきに、日本橋靍島屋まで。
ディスプレイなどもすべてKUKUさんのセンスでまとめてくださっています。
木、陶、ガラス、織物、紙がひとつの空間で調和し、ゆっくりと作品を楽しめるようになされていて、さすがだなあと勉強になりました。
お客様も皆さん、のんびりゆったりと商品を楽しまれているご様子でした。
私は、ひとめぼれで小さなお家の形をした切手ケースを購入しました。
手紙を書くたびに、うれしくなりそうなKUKUさんの商品です。

私は、イロドリチョウ、ハガキやカード、
それから多目的に使える「色IRO紙」などを中心に展開しています。
この「色IRO紙」。KUKUさんのアイディアで、

:そのまま飾ってもよし

:切って便箋にしてもよし

:折って折り紙やブックカバーなどにしても良し

:何かと包んでも良し

:紙箱に張ってオリジナルのケースを作っても良し

などなど、まさに「多目的」な紙となっています。
お客様それぞれで、どんな目的で使われるのか、私も楽しみなのです。

こちらの企画展は、まだ19日まで開催されています。
ぜひ足をお運びください。


_A170477.jpg

和紙作品「冬の奥」
櫻井三雪さんの木彫りの作品と、KUKUさんの作品「室礼棚」と一緒に。

_A170488.jpg

会場風景







( 2010.10.18 ) ( 紙のこと ) ( TRACKBACK:0 )
トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。